ハイサイ、こんにちは

豪州大陸縦断も無事に終わり帰路となりました。アデレードから出発し、シドニー/香港/台北を経由して沖縄に帰ります。前回記事ではシドニー国際空港に到着後、国内線から国際線に乗り継ぎました。今回はシドニーを出発し、香港経由で台北を目指します。

若干、消化試合的な記事になっていますが、今暫くお付き合いくださいw

 

旅の概要

旅行期間 2018年4月27日〜5月5日(7泊8日)
滞在都市 台北、ダーウィン、キャサリン、アリススプリングス、ユーラーラ、クーバーペディ、ポートオーガスタ、アデレード

 

カンタスQF127便で香港へ

シドニー国際空港では時差があるのを忘れて、危うく乗り遅れるところでしたが無事に搭乗できました。機材はB747。それだけでテンション上がります!

シートは3-4-3です。僕たちは4名なので中央4席でちょうど収まるのですが、外の景色見たい!というわがままで後方の2-4-2の窓側4席を押さえていました。

今回、初シドニーだったんですが、乗り継ぎだけで空港から出ないってもったいない!という気がしていたので、せめて窓から景色見たかったんです。

 

そして見えたこの景色!iPhoneで拡大しているので画質は残念ですが、シドニーの街並みを拝めて良かったです。

 

しかも、ちょこっとだけオペラハウスも見えました。ラッキー!

 

機内食(昼食)の時間となりました。オーストラリアから香港行きの路線なので、メニューは英語か中国語です。料理名って英語や中国語で言われてもピンと来ないんですよねぇ。

とりあえず牛肉食べたいという理由で
Beef with black pepper, oyster mushrooms, jasmine rice and Asian greens
というメニューを注文。牛肉と黒胡椒、キノコってのはわかりますw

 

そしたら、こんなのが来ました。オイスターマッシュルームはヒラタケ、ジャスミンライスは香り米のことらしいです。欧米の食事も良いですが、やっぱアジア飯は美味いですね。

 

デザートのチョコムースも美味しかったです。

昼食の後にも、おやつにアイスクリーム、到着前には点心が出てきました。食べてばっかりですw

 

スポンサーリンク

オーストラリア大陸に別れを告げる

さて、気づけばオーストラリア北部まで来ていました。近くには僕たちの旅の出発点となったダーウィンが見えます。車で6日もかけて縦断したのに、飛行機だとあっという間ですね。

いざオーストラリアの空域を離れると一気に旅の終わり感が出てきました。縦断したぞーという高揚感と、これから日常が待っているぞという鬱々とした気分。

 

B747のエンジン。4発機ということで本当は2基のエンジンを撮りたかったんですが、シートが後方すぎて1基しか写せませんでした。

 

9時間25分のフライトを経て香港国際空港に到着。もう夕方になっています。今回のフライトは食っちゃ寝メインでした。疲れていたので、いくら寝ても足りない感じ…。

ようやく香港へ到着しましたが、これからさらに乗り継いで台北に向かいます。この日は台北が最終目的地です。

 

香港国際空港で乗り継ぎ

シドニーから乗ってきたB747を降ります。次はいつ乗れるかな。

 

香港では入国せず乗り継ぎだけです。出国エリアをウロウロして時間を潰します。巨大な国際空港は出国エリアだけでも楽しめるので良いですよね。

あと、香港なのでもちろん周りは漢字ばかりです。まだ沖縄への道のりは遠いですが、漢字を見るだけでなんとなく「帰ってきた〜」という気分になります。

 

あんだけ機内食を食べたのに夕飯w

 

出発時間も近づいてきました。搭乗口へ向かいたいと思います。

 

スポンサーリンク

チャイナエアラインCI924便で台北へ

台北まではチャイナエアラインです。那覇空港にも乗り入れているエアラインなので目にすることも多いのですが、実は初めて乗ります。台北までの短距離ですけどね。

 

ボーディングブリッジを渡って搭乗します。機材はB737です。

 

フライト時間は1時間55分ですが機内食が出ました。空港でチャーハン食べなくても良かったな…。本当に食ってばかり。

 

そして短いフライトを経て台北・桃園国際空港に到着しました。入国を済ませ、バゲッジクレームで荷物を受け取ると時間は0時すぎ。早朝にアデレードを出発して20時間以上過ぎてます。長かった…

飛行機で食っちゃ寝したとはいえ、さすがにヘトヘトです。体もバキバキ。でもそれは想定済み。この日は空港近くのホテルを予約しています。あとはタクシーでホテルに直行するだけです。

次回は桃園国際空港近くのホテル宿泊記になります。

ニフェーデービタン!

 

【他の縦断記事はコチラ】

オーストラリア大陸縦断3,700キロ記事まとめ

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。