ハイサイ、こんにちは。

「水曜どうでしょう」に感化されて決行したオーストラリア大陸縦断3,700キロ。出発から6日目、無事にゴールのアデレードに到着しました。本家同様に走りっぱなしの旅でしたが、アデレードでは観光の時間を設けることができたので南オーストラリア博物館(South Australian Museum)に行ってみました。

※縦断が無事に終わって気が抜けていたのか、写真をほとんど撮っていませんでした。やや内容が薄いです。すいません。

 

旅の概要

旅行期間 2018年4月27日〜5月5日(7泊8日)
滞在都市 台北、ダーウィン、キャサリン、アリススプリングス、ユーラーラ、クーバーペディ、ポートオーガスタ、アデレード

 

アカデミックなエリアに立地

博物館情報

館 名 南オーストラリア博物館(South Australian Museum)
開館時間 10:00〜17:00
休館日 なし
入館料 無料(常設展)
公式サイト http://www.samuseum.sa.gov.au
訪問日 2018年5月

 

アデレード駅から約500mほど、中心市街からすぐのところにあります。周囲には南オーストラリア州立美術館や移住博物館、アデレード大学があって文化都市といった雰囲気です。歩いているだけでアカデミックな気分になれそうです。

余談ですが水曜どうでしょうでランクルが故障したのもこの辺ですw

 

この博物館のオススメポイントはなんと言っても常設展の入館が無料!!(特別展は有料)

常設展と言って侮るなかれ。4階(Level 3)まであって見応え充分です。ざっくりとですが、各階には次のような展示コーナーがあります。

 

1階(Ground)

  • オーストラリア先住民文化(Australian Aboriginal Cultures)
  • 世界の哺乳類(World Mammals)
  • クジラとイルカ(Whales and Dolphins)

2階(Level 1)

  • オーストラリア先住民文化(Australian Aboriginal Cultures)

中2階(Mezzanine)

  • 太平洋文化(Pacific Cultures)

3階(Level 2)

  • 南オーストラリア生物多様性South Australian Biodiversity

4階(Level 3)

  • オーストラリアと南極(Australian Polar Collections)
  • 鉱物と隕石(Minerals and Meteorites)
  • オパールと化石(Opal Fossils)
  • 古代エジプト(Ancient Egypt)

 

今回訪れた時は恐竜展(特別展)が開催中でした。入口では恐竜がお出迎え。恐竜も気になりますが、せっかくオーストラリアに来たので先住民(アボリジニ)に関する常設展を見ることにしました。

 

ちなみにフラッシュを焚かなければ撮影OKです。ありがたい!

 

スポンサーリンク

世界最大のオーストラリア先住民資料コレクション

こちらが1階のオーストラリア先住民(アボリジニ)に関する展示室です。先住民に関する資料コレクションが世界最大とのこと。

 

入って正面には先住民による境界線(ボーダー)を示す地図がドーンと展示されています。現在のオーストラリア州境は直線ばかりで機械的ですが、先住民の境界線はまるで細胞分裂したかのような境界線になっています。

内陸部も細かく区分されています。ということは、あの何もない広大な大地にも先住民の生活の場が満遍なくあったということです。実際に内陸部を縦断して、その広大さを身をもって知っているので、その世界観の広さに目が眩みそうです。

「何もない」と言ってしまいましたが、外から来た僕らが勝手にそう思うだけで、先住民からすれば変化に富んだ豊かな大地なんだろうなと思いました。

 

文様が施された盾。かっこいい!それぞれの文様にも意味がありそうです。

 

なんか見慣れた感じがする!と思ったら、沖縄と同じく頭上運搬しています。

下の展示には、沖縄で言うガンシナー(頭上の物を安定させるため物と頭の間に挟む道具)もありました。意外なところで親近感。

 

柔らかそうな素材のカゴ。左下の写真を見てもやはり頭上運搬しています。

 

スポンサーリンク

オーストラリアの生物多様性

文化に関する展示だけでなく、オーストラリアの動植物に関する展示もあります。

 

カンガルーの展示!立ち上がったら結構大きいですね。筋骨隆々なので蹴られたら大怪我しそうです…。

 

ボリューム満点の展示

展示はオーストラリアに関するものだけではありません。こちらは中2階にある太平洋文化の展示。パプアニューギニア、バヌアツ、ソロモン諸島、ニューカレドニア、フィジーあたりの展示です。槍や盾、仮面、民具などが展示されていました。

その他にも、1階から4階までぶち抜いて展示をしている巨大イカ、南極関係の展示など見応え充分で1日いても飽きないんじゃないかと思うくらいでした。

しかも入館無料。そして写真撮り放題。最高です。今回は縦断旅の後でヘロヘロになっていて、ゆっくり観れませんでしたが、これは再度アデレードに行くしかないですね。

 

おまけ(オーストラリア最後の晩餐)

さて、アデレードでわずかの観光をして、時間はそろそろ夕食時。この日はホテル近くのNando’sという鶏肉料理店でチキンを食べることにしました。初めて聞きましたがオーストラリアを中心にチェーン展開しているようです。

 

で、そのまま帰れば良いのに、隣のWokinaboxという中華料理店に吸い寄せられてジャンキーな焼きそばを購入w

 

これこれ!ハリウッド映画でポリスメンが食ってそうなやつ!欧米圏のこういう中華料理、結構好きですw

 

さて、腹も膨れたので、この日は早めに就寝です。というのも、翌日はなんと6:00発の便!行き先はシドニーです。

空港には最低でも1時間前には到着しておきたいので、早起きしなければいけません。果たして無事に起きれるのか…!?

続きはまた次回。ニフェーデービタン!

 

 

【他の縦断記事はコチラ】

オーストラリア大陸縦断3,700キロ記事まとめ

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。