ハイサイ、こんにちは

今回は珍しく沖縄県北谷町のホテル宿泊記です。那覇在住なので本島中南部のホテルに泊まることはほとんどないんですが、機会があって北谷のベッセルホテルカンパーナ沖縄に泊まってきました。

2019年の10連休GWの国内旅行予約ランキング1位が沖縄本島(HIS調べ)ということで、本島中南部でホテルを探している方の参考になれば幸いです。

 

ホテル短評

まずは、ホテルの短評から。

ホテルに泊まって第一に感じたのが「至れり尽くせり」という点です。アメニティは何でも揃っているし、駐車場も広い、ビーチへ徒歩1分、大浴場もプールもあって、LAWSONも直結。枕の硬さ・高さまで調節できるのには脱帽です。

また、若者の街・北谷にあるので若者向けかと思ったら、キッズ用のルームウェアがあったり、朝食にキッズメニューがあったりと、ファミリーもターゲットにしているようでした。全室禁煙なのもありがたいところ。ただ、至れり尽くせりすぎて野暮ったいなと感じる部分も。

若者はもちろん、小さいお子さんのいる方にオススメできるホテルです。

 

スポンサーリンク

立地・アクセス

沖縄本島中部・北谷町にあるベッセルホテルカンパーナ沖縄。ベッセルホテルズ系列で、2012年オープンの比較的新しいホテルです。

北谷町は那覇から車で北上して約40分の場所にあります。那覇からも比較的近いですし、沖縄南ICから沖縄自動車道に入って本島北部(美ら海水族館)へもアクセス可能です。

ホテルは北谷町のアメリカンビレッジというリゾートエリアの中にあります。裏手はすぐ海、南側はサンセットビーチ、東側にはショッピングモール(デポアイランド)と、ここだけで完結しちゃうってぐらい観光客にとって利便性の高い立地になっています。

 

レンタカーでのアクセス

那覇空港からレンタカーでアクセスするなら国道58号からのアクセスが便利です。ただ、夕方など時間帯によっては混雑しており、17:30〜19:00は那覇・旭橋交差点から宜野湾・伊佐交差点までの区間でバスレーン規制がありますのでご注意ください。詳しくは沖縄県警のサイトで。

オススメなのは空港から、うみそらトンネルを通って西海岸道路で北上するルートです。そのまま宜野湾市伊佐まで行けますし、ラッシュ時でもそんなに混んでいません。

また、公式サイトでは高速道路を通るルートも紹介されていますが、あまりオススメしません。高速は本島東側を通っていて遠回りですし、国道58号が混む時間帯は高速も混雑していて、有料道路なのに逆に時間がかかる可能性もあります。

 

駐車場

沖縄では何かと駐車場の心配がありますが、問題なく停めることができました。ホテル敷地内に平面と立体駐車場があって、243台も収容可能とのこと。

 

バスでのアクセス

空港から北谷町まではリムジンバスも運行しています。

どちらも時間は約60分、運賃は大人800円(片道)です。北谷ライナーのほうは1,500円の往復券があるので、往復の方はこちらがお得です。また、路線バス(120番)でも行けます。

 

外観・フロントデスク

手前が本館、右奥にちょこっと見えている濃い黄色が別館になります。右手のグレーの細長いビルは立体駐車場です。

奇抜な外観ですが、アメリカンビレッジの建物は概ねこんな色をしているので、これでも景観にマッチした外観となっていますw

 

フロントデスク。チェックイン時は混雑していたので、夜間に撮影。

 

フロントデスクでは、お菓子のサービスがありました。

 

また、ロビーにはウェルカムドリンク(シークヮーサージュース・さんぴん茶)とウェルカムアイスキャンディーがありました。アイスキャンディーは子どもウケが良いようで、近くにいたキッズたちがアイス食べるとはしゃいでいました。

 

今回、アサインされたのは本館6階の部屋。本館は10階まで客室があるので中層階になります。

 

1フロアに20の客室があります。フロアはL字型になっていて、面積はそれほど広くありません。廊下もこれくらいの長さ。

 

客室(スタンダードツイン)

今回、予約したのはスタンダードツインです。残念ながらオーシャンビューではありませんでした。(詳細は後述)

 

ベッドはシモンズ社製です。チェックアウト後に知ったのですが、ベッドをつなげて「川の字」に家族並んで寝れるとのこと。ベッドが可動式なのかな?

 

枕は硬さと高さを調整できるようになっています。ここまで至れり尽くせりなのかと脱帽です。

 

1人がけのソファー。オーシャンビューの部屋だったら、これに腰掛けてサンセット見ながらビール飲みたかったな。

 

ミネラルウォーター、お茶、コーヒーなど。お茶はさんぴん茶でした。

 

冷蔵庫も完備。

 

空気清浄機もあります。ホテルは全室禁煙で、部屋の匂いも全く気にならなかったので使いませんでした。

 

ルームウェアはアロハシャツ風です。

 

コンセントはそれぞれの枕元と、デスクにあります。デスクにはプラグアダプターが用意されていました。海外からの観光客だとありがたいですね。

 

クローゼットにはハンガーと消臭剤。

 

タオル掛けと洗濯ばさみまで用意されています。

 

洗面台はバスルームの中ではなくて、ベッドルームの一角にあります。ちょっと野暮ったい感じですが、利便性のほうをとっているようです。下にはキッズ用の踏み台も準備されていました。

 

アメニティもいろいろ。

 

バスルーム

バスルームはビジネスホテルのような雰囲気です。洗面台がバスルーム内にないので、少し広く感じます。

 

シャンプー・ボディーソープはLaura Ashleyです。

 

展望

バルコニーからの眺め。残念ながらオーシャンビューではなく、シティービューでした。眼下にはデポアイランド(ショッピングモール)が見えます。

今回、予約したのはスタンダードツインだったのですが、スタンダードツインにオーシャンビュー/シティビューがあるわけではなく、すべてシティビューとなっていました。オーシャンビューの部屋は概ね「オーシャン」と付いているのでそれで区別できます。

「オーシャンビューにアサインされたらラッキー」は無いと思うので、オーシャンビューの部屋に泊まりたい方はちゃんとオーシャンビューの部屋を予約するようにしましょう。

 

部屋からデポアイランドの建物が見えます。初めて上から見ましたが、ハリボテ感^^;

 

廊下の窓から見える景色。オーシャンビューの部屋からはこんな感じで海が見えると思います。ホテル内にはチャペルもあって、ちょうど結婚式をしていました。下に見える風船持った人たちがそうです。

 

こちらは別館浴場のバルコニーからの景色。別館のシティービューはこんな景色が見えると思います。

 

朝食・レストラン

朝食は本館・別館に2会場あります。特定の名称があるわけでなく、単に「朝食ラウンジ」となっていました。

時間は7:00〜10:00まで(閉店は10:30)で、夕食はやっていません。本館・別館どちらでも利用できるということなので、宿泊している本館ではなく、別館に行ってみることにしました。なお、メニューはどちらも同じです。

 

一般的なホテルビュッフェのメニューに加え、沖縄メニューに力を入れていました。チャンプルー、ジューシー、沖縄そば、中身汁、海ぶどう、タコライスなどなど。沖縄料理のほかにも、あぐー豚のメンチカツやモズクを使ったソーセージなど、随所に県産食材を使っていました。

関心したのが、すべてのメニューにアレルゲン表示をしていたこと。アレルギー持ちのお子さんがいる方は助かると思います。

 

朝食会場もオーシャンビューです。残念ながらこの日は雨でした…。

 

キッズメニューや離乳食コーナーもありました。キッズ用の食器はもちろん、使い捨てエプロンまで置いてあって、朝食も至れり尽くせりでした。

 

肝心のお味ですが、基本的には美味しかったです。ただ、チャンプルーなどは(作り置きというのもありますが)水っぽかったり味が薄かったりで、そのへんの居酒屋のほうが美味しいかなぁという感想です。

 

各種サービス

カードキーの提示での特典

可愛い紅型風(あくまで風ですw)のカードキー。

 

カードキーを周辺店舗で掲示すると、様々な特典を受けることができます。一部の店舗だけかと思っていたらA4用紙両面にビッシリ、居酒屋からゲーセンまでかなりの店舗で特典がありました。

今回は夜に行く予定のアラコヤという居酒屋(後述)で使うことに。1品サービスとなっていました。

 

館内施設

展望浴場

沖縄で需要があるのかわかりませんが展望浴場もあります。本館・別館の両方にあって、どちらもオーシャンビューです。せっかくなので夜よりはサンセットが望める夕方がオススメです。


マッサージチェアもあります。何でもあるな、本当にw


オリオンビールの自販機があります。やっぱり沖縄来たからオリオン飲みたいって方が多いんでしょうね。大浴場定番のコーヒー牛乳もあります。


浴場と同じフロアにコインランドリーもあります。本当に至れり尽くせりです。

 

屋上プール

別館の12階にはサンセットを望める有料プールがあります。3月20日から10月31日までの営業なので、今回は閉まってました。宿泊者無料だったら良いんですが、すぐ隣がビーチなので、ビーチのほうがオススメかな。

 

スポンサーリンク

周辺情報

徒歩1分のサンセットビーチ

ホテルのすぐ隣がサンセットビーチになっています。正面入口から行くと遠回りなので、地下駐車場を経由すると近道です。1階ロビーでサンセットビーチへの近道が案内されています。

 

駐車場を出たところ。ここから正面に見える堤防の向こうがすぐ海です。ビーチは堤防に突き当たって左に曲がり、少し歩いたところにあります。

 

ゆっくり歩いて1分ほどでサンセットビーチに到着しました。「サンセットビーチ」という名の通り、海に沈む夕日が見れる時間帯がオススメです。

海開きがまだなので誰も泳いでいませんね。と言っても、この日の最高気温は25℃で、全然泳げる気温ですけど。ちなみにサンセットビーチの海開きは4月13日です。

 

サンセットウォーク北谷

デポアイランドの海側の通りは、これまでの味気ない堤防が改修され「サンセットウォーク北谷」という遊歩道になっています。

 

海に面してオシャレなカフェや雑貨屋などが軒を連ねています。歩いている客の国籍も多様なので、海外旅行の気分。

 

アラコヤ(新小屋)

サンセットウォークで今回オススメなのがアラコヤという居酒屋(もつ焼き)です。沖縄料理じゃなくてすいません^^;

那覇の栄町にもあるのですが、いつも満席でなかなか入れないんですよね。

 

もつ焼きと似合わないかもしれませんが、オーシャンビューです!w

 

ルームキー提示の1品はスパイスの効いた枝豆でした。

 

そして、推しメニューがレバー!

これがレバー?というくらい柔らかく、ボソボソ感もなく、やみつきになります。レバー苦手でもこれは美味しいという方もいるので、ぜひご賞味あれ。

ちなみに栄町の店舗では1人1本という制限もありましたが、こちらは何本でもオーダーOKでした。最高!

 

 

以上、ベッセルホテルカンパーナ沖縄宿泊記でした。小さいお子さまのいるファミリーにオススメですので、ぜひ宿泊してみてください!

ニフェーデービタン!

スポンサーリンク

 

予約・ホテル情報

ホテル名 ベッセルホテルカンパーナ沖縄
住所 沖縄県中頭郡北谷町美浜9-22
時間 チェックイン14:00/チェックアウト 11:00
宿泊日 2019年3月

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。