みなさま、こんにちは。

今回は香港国際空港で乗り継いでブリスベンへ行った時の記事です。

次に乗るのはQF098便、20:15発ブリスベン行き。香港に到着したのが17:30なので2時間以上の時間があります。もちろん入国する時間はないので、制限エリア内で時間を潰します。

 

香港国際空港にて時間を潰す

台北から乗ってきた飛行機を降りると、そこは到着フロア(L5)です。そこから乗り継ぎで飛行機に乗るため、出発フロア(L6)に移動する必要があります。

この「轉機/Transfer」という案内に進んで行くと、保安検査を受けて出発フロアに行けます。なお、「轉」は「転」の旧漢字です。

 

QF098便の搭乗口は41です。定刻通り20:15発になっています。

海外での乗り継ぎの時は、搭乗口まで実際に行って確認するようにしています。というのも、時間を潰してギリギリになって搭乗口を探して行くと、迷ったり予想以上に遠かったりして乗り遅れる可能性があるからです。電車に乗ってからしか行けないなんてケースもあるので、ご注意ください。

 

トランジット・レスティング・ラウンジ

搭乗口を確認後、ブラブラしていたら近くにトランジット・レスティング・ラウンジなるものを見つけました。看板を見ると、シャワー、マッサージ、小休憩ができるようです。

入ってみるとラウンジというよりホテルという感じで、料金も高そうだったので利用しませんでした。

Expediaやagodaにも掲載があって、どちらかと言うと事前に予約して行くような場所かもしれません。

場所はターミナル1の6階、35番搭乗口付近です。

 

予約・ホテル情報

ホテル名 トランジット レスティング ラウンジ バイ アエロテル(Transit Resting Lounge by Aerotel)
住所 香港国際空港 ターミナル1
6階 35番搭乗口付近(制限区域内)
時間 チェックイン 24時間/チェックアウト 24時間
宿泊日 (未宿泊)

 

ワンタン麺の「池記」で腹ごしらえ

さて、昼食は台北でとりましたが、少し小腹が空いてきたので軽食をとることに。

フードコートにあった「池記(チーケイ)」というところのワンタン麺を食べることにしました。何も知らずに選んだのですが、有名店だったようです。

 

チョイスしたのは雲呑麺(ワンタン麺)、上湯菜心(菜心のスープ)、蠔油冬菇(椎茸とオイスターソース)のコンボで99HKD(約1,400円)。ワンタンは麺の下に隠れてます。

クレジットカードも使えるので、特に両替する必要もありません。ちょっと高いですが、美味しかったです。

 

au世界データ定額の利点

台北に到着した際、auの世界データ定額を利用したのですが、まだ利用時間が残っていたので、香港でも現地キャリアを拾ってネットを利用することができました。

これはSIMカードにはない利点ですね。時間内だと、国を移動しても利用できるのでオススメです。

 

スポンサーリンク

ようやく搭乗口へ

搭乗時間が近づいてきました。

 

カンタスQF098便、ブリスベン行きです。ここで想定外の出来事が。

 

連続水没収事件

台北から香港へ到着すると、到着フロアにいます。荷物を受け取るバゲッジクレームに行くまでは、ある意味、制限エリアです。国内線(那覇空港など)だと、そのまま乗り継ぎができます。

しかし、香港では到着フロアから出発フロアに行く時に保安検査がありました。

まぁ、これは想定内です。国際線だし、出発した空港で甘々の保安検査だった可能性もありますしね。

その時に台北で買っていた水を没収されました。

そして出発フロアで軽食をとったあと、再び水を買ったんです。もう、出発フロアだし、搭乗口は目の前だし…

ところが上の写真のゲートを通った先のボーディングブリッジで、またもや「水を出せ」と言ってくるではないですか!!

渋々、買ったばかりの水を捨てることに…

いつも飛行機に乗る時は飲み物を持ち込むので、ないと不安になります。まぁ、結果的に機内ですぐミネラルウォーターを頂けたので大丈夫だったのですが。

水を買うタイミングには要注意です。

 

QF098便でブリスベンへ

さて、気を取り直して。ようやく搭乗です。

 

このルートでブリスベンまで行きます。飛行時間は8時間50分。

ハワイより少し長いくらいですね。機内泊なので、たっぷりと寝れます。しかも、南北方向の移動なので時差ボケの心配がありません。

 

那覇を出発して長い1日でしたが、ようやく落ち着けます。

 

ワンワールドのなかまたち。

 

離陸!さよなら香港!

 

自分で買ったミネラルウォーターは没収されましたが、機内で頂きましたw

 

しばらくすると、夕食です。

エリンギ?が入った卵チャーハンをチョイス。薄味でした。

そのかわり、レモン・ローズマリー・タイム・バターロールなる香草てんこ盛りなパンが美味しかったです。オーストラリアはパンが美味しいと聞くので、期待できますね。

あと、バターロールの台にしちゃってますが、ココナッツムースもありました。

 

スポンサーリンク

初の南半球

フィリピン上空まできました。

実は初の南半球なので、赤道を通る瞬間を写真に収めようと思っていました。が、ボケーとしてる間に過ぎていました…。意気消沈。

 

気づけばオーストラリア上空に。夜中なんで外は真っ暗ですが。地図に有名なグレートバリアリーフが見えます。

 

翌日に備えて睡眠もとり、気づけば朝食の時間に。フルーツの盛り合わせとマフィンです。いつも体に悪そうなものばかり食ってるので、フルーツはありがたいw

 

空も明るんできました。

 

もう少しでブリスベンです。

 

眼下にオーストラリアの大地が!

砂漠のイメージがありますが、この辺りは緑豊かですね。

 

街も見えてきました。あとで調べたら手前の半島はビーチミア(Beachmere)という地域でした。

 

いったん海(モートン湾)まで出て右旋回。海からのアプローチです。

 

ブリスベン空港に着陸!

 

ついにオーストラリアに来ました!カンタスのお出迎えです。

 

ジェットスターもオーストラリアが本拠地でしたね。

 

さて、これから、いったん荷物をとってオーストラリアへ入国し、国内線に乗り継ぎます。

 

【他の縦断記事はコチラ】

オーストラリア大陸縦断3,700キロ記事まとめ

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。