ハイサイ、こんにちは。

オーストラリア大陸縦断4日目。午前中はカタ・ジュタを観光し、午後はこの日の宿があるクーバーペディを目指してひた走ります。

そして、午後のハイライトとなったのが州境越えです。県境すら無い沖縄に住んでいると、こういう境界線って無駄にテンションがあがりますw

 

旅の概要

旅行期間 2018年4月27日〜5月5日(7泊8日)
滞在都市 台北、ダーウィン、キャサリン、アリススプリングス、ユーラーラ、クーバーペディ、ポートオーガスタ、アデレード

 

カタ・ジュタにお別れ

ウルル(エアーズロック)と同じ国立公園内にある岩山群カタ・ジュタ。

ウルルとはまた違った、幻想的な景色を堪能できました。時間がなく、少ししか巡れなかったので、必ず再訪します!

【カタ・ジュタについての記事はコチラ】

風吹き抜ける絶景!幻想的な岩山群カタ・ジュタに行ってみた

 

スポンサーリンク

ついに南オーストラリア州へ!

カタ・ジュタからひたすら東に走り、縦断のメインロードとなるスチュアート・ハイウェイへ戻り、今度はひたすら南下します。

そしてカタ・ジュタから約390kmほど走ると、そこは…

 

ノーザンテリトリー(北部準州)と南オーストラリア州境です!

オーストラリアで初の(陸路による)州境越えなのでワクワクします。もちろん、車を停めて記念撮影しました。

州境のところは小公園みたいになっていて、駐車場があり休憩できるようになっています。交通標識以外にも、州境を記念するモニュメントがあります。

 

せっかくなんで、三脚を立てて記念撮影。今更ですが全身モザイクかけときますw

なお、モニュメント裏側は南オーストラリア州の表記になっています。

 

スポンサーリンク

州境を越える時の注意点

ノーザンテリトリーと南オーストラリア州を結ぶスチュアート・ハイウェイですが、ノーザンテリトリー側は制限速度が130km/hとなっています。

その一方で、南オーストラリア州の制限速度は110km/hですので、ご注意ください。

南オーストラリア州→ノーザンテリトリーなら制限速度の規制が緩くなるので良いですが、逆なら速度規制が厳しくなるわけですので、うっかり速度オーバーしないよう、注意が必要です。

 

宿までの道のりは長い…

さて、州境を越えるという午後のハイライトが終わったあとは、ひたすらクーバーペディを目指して走るだけです。

 

陽も傾いてきました。

 

同じような景色が続きます。ちょっとした山が景色のスパイスに。

 

途中、マーラという集落で給油しました。この時点で、時間は16:50です。そしてクーバーペディまで230kmほど。まぁなんとか遅くならずに済みそうです。

 

ガソリンを入れて本道へ戻ります。すっかり夕焼け空。

 

出ました!カンガルーマーク!

今から暗くなる→夜行性のカンガルー起きる→飛び出す→やばい

という状況です。安全運転でいきます。

 

ちなみに夜は真っ暗になります。遠くに街の明かりが〜とかそんなレベルではありません。沖縄だったら「小さな離島の暗さ」と言ったほうがわかりやすいですね。

しかも、こんな暗いなか、横からカンガルーが飛び出してきます。くれぐれも急ハンドル・急ブレーキをしないでください。危険です。そして、できれば夜の運転は控えましょう。

 

ようやく宿へ到着するも…

お昼前にカタ・ジュタを出発して8時間あまり。

20:27、ようやくクーバーペディの宿へ到着しました。

そこまで遅くならずに済んで良かったです。ひとまずチェックイン。

 

ここが入口ですね。

ん?

そっ…、ソーリークローズドだと…!!!

おいおい、マジか。キャンプは勘弁だぜ!

 

 

と、一瞬焦りましたが、よく見たらおっちゃんが待っていてくれました。

20:00までだったんですね…。30分近く待っていてくれたようです。おっちゃん、ありがとう!!

今回の旅は総じてそうなんですが、スチュアート・ハイウェイ沿いの街は田舎です。なので、ホテルや飲食店も閉まるのが早いです。なるべく早い時間でチェックインや食事を済ませましょう。じゃないと道端でキャンプする羽目になるかもしれません…

 

洞窟ホテル

クーバーペディはオパールの採掘で栄えた街です。水曜どうでしょうで大泉さんの「人間の夢の跡だな」でお馴染みの街ですね。

そしてこの街では、夏の厳しい暑さを避けるため採掘跡の洞窟を住居スペースに変えているんです!

そしてここも洞窟を利用したホテル!

 

これ、洞窟なんです。洞窟にあるホテルって、なんだかRPGにありそうでテンション上がりますね!

さて、今回はこのへんで。次回は、宿泊した洞窟ホテルのレビューです。

ニフェーデービタン!

 

【他の縦断記事はコチラ】

オーストラリア大陸縦断3,700キロ記事まとめ

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。