みなさま、こんにちは。

さて、旅の準備の記事がダラダラと続いてしまいましたが、やっと出発になります。

今回は台北発で、台北―香港―ブリスベン―ダーウィンという乗り継ぎで航空券をとっています。

海外発券でGWに格安でオーストラリアへ

 

台北発ですので、まずは台北へ行けなければいけません。

台北―ダーウィンはQantas便で予約しているのですが、那覇―台北は旅費を浮かすためPeachで予約しました。MM921、08:25発の便です。

※旅行日は2018年4月27日。

 

那覇空港LCCターミナルへ

那覇空港へは自宅から車で15分程度。

今回は妹夫婦も一緒ということで、両親に送ってもらいました。ありがとう!

そして、いつものようにバスに乗ってLCCターミナルへ。

パスポートはもちろん、国際運転免許証も忘れてはいけません。ちなみに免許証は豊見城の運転免許センターで取得しました。

 

08:30から搭乗開始です。相変わらず質素なターミナルです。拡張工事が終わってLCCターミナル移転するのが待ち遠しいですね。

 


いよいよ搭乗。もちろん沖止め。歩いて搭乗します。シャッターチャンス!

 

今回は北向け(スリーシックス)に離陸して、左旋回です。眼下にナガンヌ島が見えてます。左奥はクエフ島。

台湾・桃園国際空港まで1時間30分のフライトです。那覇からすれば、石垣島のちょっと先という感じ。那覇―福岡より近いです。

 

あっという間に台北到着しました。

 

スポンサーリンク

入国しておまけの観光

さて、台北で乗り継いで香港へ向かうのですが、台北到着は朝一の便で、台北出発は夕方の便にしました。

乗り継ぎ時間にゆとりを持たせたのは、ついでに台北観光をするためです。

せっかく台湾まで来たのに、ただの乗り継ぎだけで終わってしまうのはもったいないですよね。ということで、入国します。

 

 

余談ですが台湾では「琉球」と表記されています

 

無事、入国を済ませ、ちょっとだけ両替します。

また、PeachからQantasへの乗り継ぎですので、預け入れた荷物はいったんピックアップします。

次の便をチェックインして荷物を預けたかったのですが、フライトまで6時間くらいあったので、早すぎてチェックインできませんでした。荷物を持って市内観光するのは大変なので、今回は空港のコインロッカーに預けることにしました。

詳細は次の記事で!

 

スポンサーリンク

auの世界データ定額でラッキーな出来事が!

また、海外旅行では基本的にSIMカードを購入しているのですが、今回は半日しか滞在しないので、お手軽なauの世界データ定額を利用しました。

24時間で980円と、SIMカードと比較すると割高ですが、アプリを起動してちゃちゃっとタップするだけで繋がるので、1〜2泊なら世界データ定額のほうが断然オススメです。

しかも、au STAR会員なら毎月24時間分プレゼントなんです!

詳細はauのこちらのサイトで。

 

数タップで接続完了!

アプリを起動して「利用開始」をタップ。

 

確認画面が出るので、同様にタップ。

 

たったこれだけで繋がります。

 

開通後は、こんな感じで残り時間がわかります。

なお、開始した時間から24時間なので、寝ている時間もカウントされます。夜から開始するのではなく、Wi-Fiなどでやり過ごすなどして、朝から開始したほうがお得です。

 

世界データ定額でお得な出来事

今回は、行きも帰りも台北を経由したのですが、その中でお得な出来事がありました。

先述の通り、au STAR会員なら毎月24時間分のプレゼントがあるのですが、

行きの台北滞在が4月27日。

帰りの台北滞在するのが5月5日。

狙ったわけではないですが、ちょうど月をまたいでいたので、行きも帰りもプレゼントの24時間でまかなえました。ということで、行きも帰りも台北での通信費はタダ!この想定外は嬉しかったです。

 

【他の縦断記事はコチラ】

オーストラリア大陸縦断3,700キロ記事まとめ

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。